発達障がいの問題を対話的に考える視点

  障がいの問題を文化心理学的に考えるとどうなるでしょうか。障がいをめぐる諸現象を素直に見つめれば、それは決して固定的なものではなく、時代や社会やその人の生きる文脈によって次々に変化し、多様な表れをしてきているものです。障がいを「障がい者」の内部にあるなんらかの実体のように考えるのではなく、定型発達者との「間」にその時々に生ずる相互理解のむつかしさ、コミュニケーションの困難さ、共同作業の成立のし難さとして考える、という視点がそこから導かれることになります。

  定型発達者を基準とした、一方的な視点からの議論ではなく、障がい当事者の視点との交差の中で発達障害という問題を考え、そしてお互いの関係の調整法のひとつとして「療育」を考えることがこれからますます必要になるでしょう。それは今ようやくその価値を認められつつある「(障がい)当事者研究」の次のステップ、「定型者発達者と生涯発達者の共生のための対話研究」という形をとることになります。

  私は異文化間コミュニケーションを始め、これまでいくつかの領域で「異質な者同士の共生」という問題を「ディスコミュニケーション研究」という視角から行ってきました。そこから「差の文化心理学」という新しい見方を提起するようになりましたし、関連する諸概念(EMS、規範的媒介項、機能的実体化、具体的普遍化など)を提案してきています。

  そのような視点から、改めて発達障がいの問題を整理するとどうなるか。対話的研究がそこからどのように展望されるか。その試論を以下の研究会で行います。

 

■第12回文化理解の方法論研究会(MC研)

【日時】2017年6月17日(土)15:00~18:00(終了後に懇親会を予定しています)

【会場】青山学院大学 青山キャンパス (9号館3階 932教室)

【参加費用】無料

【参加方法】出席を希望される際には、事前にこちらからお申し込みください。

【発表:研究発表】15:00~

タイトル:異文化間コミュニケーションの視点から見た発達障がいと発達支援

発表者:山本登志哉(一般財団法人 発達支援研究所)

内容: 発達障がい児・者を、その特性のゆえに定型社会との間でディスコミュニケーションに陥っている少数派の人々という視点から見ることで、障がいを「障がい者」の側に一方的に帰属させるのではなく、定型者との間に発生するものと位置づけることが可能になる。このとき、支援とは異質な生き方を持つ主体同士のディスコミュニケーションの相互的な調整過程として再定義され、一種の異文化間相互理解の実践として考察する道が開かれる。以上の議論を「差の文化心理学」の視点から、EMS概念を用いつつ展開する。

■研究者に限らず、どなたでも無料で参加できます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す