ブログ

所長のブログです

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

ズレの調整としての「療育」「支援」

 先にご紹介した「第12回文化理解の方法論研究会(MC研)」での発表(異文化間コミュニケーションの視点から見た発達障がいと発達支援)には、若手の研究者の方たちも新たに何人も参加してくださって、3時間余り私の発表を熱心に聞いてくださいました。

 人と人のコミュニケーションはお互いの感じ方や理解、やり方などにズレが大きいとうまくいきません。そのずれがある程度以上大きくなると、そのコミュニケーションはディスコミュニケーションとして意識されるようになります。

 このような状態は何らかのコミュニケーションがあるところでは常に発生するものです。たとえば私が研究上直接扱ったものに限っても異文化間のコミュニケーション(異文化対立)、大人と幼児のコミュニケーション(しつけ場面)、取調官と被疑者のコミュニケーション(冤罪を生む取調)などで典型的ですし、さらに身近には夫婦間のコミュニケーション(夫婦喧嘩)や教師と生徒(生徒指導や授業場面)、職場の上司と部下(指導場面)など、あらゆるところでその状態を見出すことができます。

 同じことが発達障がい児者と定型発達者の間にも起こる、というのが今回の研究発表の中心的な議論になります。

 通常はこの発達障がい児者と定型発達者の間に生まれるコミュニケーションのズレは、定型の基準によって判断され、発達障がい者は「正しい基準を身に着けられない、基準にそって行動できない」人として「障がい児者」とみなされます。けれども少し視点を変えて発達障がいと言われる人は、「定型発達者とは少し異なるものの見方や感じ方、ふるまい方を特性としてもって生きている人々」と考えた場合、また違う見方が生まれることになります。

 20年ほど前から発達障がいの当事者が自らの世界を本などによって語ってくれるようになり、定型発達者とは大きく異なる当事者の世界やその世界での生き方が私たちにも少しずつ見えてくるようになりました。Eテレのバリバラといった番組では、発達障がい者の「生き方」をポジティヴに見ていこうとする面白い試みが続いています。さらに現在はその当事者が自らの立場を研究する当事者研究もだんだん進んできています。

 医療の分野でも発達障がいの問題を「治療の対象」という形では見ず、個性的な生き方のサポートといった視点から見る立場が少しずつ力を持ち始めているようです。

 まとめていうと、発達障がい者は「定型発達者からの援助の<対象>」ではなく、定型発達者とは異なる特性を持って主体的に生きる<人>として社会の中に現れ、自らを主張できる存在になりつつあるということになります。障がいの問題はそこで、「障がい者の問題」ではなく、「お互いの問題」になります。

 この視点から見ると、「障がい」の「症状」として語られてきたものは、お互いの特性の違いから生まれるディスコミュニケーション事態として理解されなおすことになり、そうすると「療育」「支援」はそのディスコミュニケーションを「お互いの工夫で調整していく働き」という形でその意味を変えていくことになります。

 そんなふうに異なる生き方を持つ人どうしが接触していろいろなトラブルがおこり、関係の調整が必要になる、というこの仕組みは「異文化間接触」の場面で常に起こることなのです。したがって発達障がいの問題を「異文化理解」の問題として分析し、議論する可能性がそこから見出されることになります。

 研究会の当日はそんな話をして、多くの方に興味を持っていただけたようです。今後の展開が楽しみです。

 12回MC研山本レジュメ

 

発達障がいの問題を対話的に考える視点

  障がいの問題を文化心理学的に考えるとどうなるでしょうか。障がいをめぐる諸現象を素直に見つめれば、それは決して固定的なものではなく、時代や社会やその人の生きる文脈によって次々に変化し、多様な表れをしてきているものです。障がいを「障がい者」の内部にあるなんらかの実体のように考えるのではなく、定型発達者との「間」にその時々に生ずる相互理解のむつかしさ、コミュニケーションの困難さ、共同作業の成立のし難さとして考える、という視点がそこから導かれることになります。

  定型発達者を基準とした、一方的な視点からの議論ではなく、障がい当事者の視点との交差の中で発達障害という問題を考え、そしてお互いの関係の調整法のひとつとして「療育」を考えることがこれからますます必要になるでしょう。それは今ようやくその価値を認められつつある「(障がい)当事者研究」の次のステップ、「定型者発達者と生涯発達者の共生のための対話研究」という形をとることになります。

  私は異文化間コミュニケーションを始め、これまでいくつかの領域で「異質な者同士の共生」という問題を「ディスコミュニケーション研究」という視角から行ってきました。そこから「差の文化心理学」という新しい見方を提起するようになりましたし、関連する諸概念(EMS、規範的媒介項、機能的実体化、具体的普遍化など)を提案してきています。

  そのような視点から、改めて発達障がいの問題を整理するとどうなるか。対話的研究がそこからどのように展望されるか。その試論を以下の研究会で行います。

 

■第12回文化理解の方法論研究会(MC研)

【日時】2017年6月17日(土)15:00~18:00(終了後に懇親会を予定しています)

【会場】青山学院大学 青山キャンパス (9号館3階 932教室)

【参加費用】無料

【参加方法】出席を希望される際には、事前にこちらからお申し込みください。

【発表:研究発表】15:00~

タイトル:異文化間コミュニケーションの視点から見た発達障がいと発達支援

発表者:山本登志哉(一般財団法人 発達支援研究所)

内容: 発達障がい児・者を、その特性のゆえに定型社会との間でディスコミュニケーションに陥っている少数派の人々という視点から見ることで、障がいを「障がい者」の側に一方的に帰属させるのではなく、定型者との間に発生するものと位置づけることが可能になる。このとき、支援とは異質な生き方を持つ主体同士のディスコミュニケーションの相互的な調整過程として再定義され、一種の異文化間相互理解の実践として考察する道が開かれる。以上の議論を「差の文化心理学」の視点から、EMS概念を用いつつ展開する。

■研究者に限らず、どなたでも無料で参加できます。

 

 

Cultural Psychology of Differences and EMS

 発達障がい児・者への支援を「異質な感じ方、考え方、ふるまい方」を持った人間同士の「相互理解」の問題として考えてみる、というのが私の基本的な研究スタイルです。このようなスタイルは障がい者と定型発達者の間の相互理解にとどまらず、男女の違い、世代の違い、身についた職業的な考え方の違い、大人と子供の違い、文化社会の違いなどなど、さまざまな領域で「異質な者同士が出会ったとき」に常に問題になることです。

 この「異質な者同士のコミュニケーション」の問題については、かつて高木光太郎さんたちと、3年ほど議論を積み重ねて「ディスコミュニケーションの心理学:ズレを生きる私たち」(山本・高木編 2011 、東大出版会)にいったん整理してまとめてみたことがありますし、先日ご紹介した日中韓越の国際共同研究の成果をまとめた「子どもとお金:おこづかいの文化発達心理学」(高橋・山本編 2016、東大出版会)でもずっと問題にし続けてきました。

 これらの議論の基本的な考え方については、すでにケンブリッジやオックスフォードの文化・社会心理学のハンドブックなどでも紹介をしてきましたが、そのうち、「異文化間の相互理解・コミュニケーション」の問題に焦点を当てながら、それらのディスコミュニケーションとしての社会的行為・社会システムの成り立ちについて、一般的に分析する理論的な枠組みを整理して論じたものが「文化とは何か、どこにあるのか:対立と共生の心理学」(2015、新曜社)という本になります。

 そこで提示された「差の文化心理学」の議論は、そのまま発達障がい児・者と定型発達者のコミュニケーションの問題を考えるためにも使えますが、その理論的な枠組みを用いて、異文化間の対話的な相互理解の実践研究について論じた次の理論論文が、このほどweb上で公刊されました。(紙媒体の雑誌としては少しあとになります)

Yamamoto, T. (2017)  Cultural Psychology of Differences and EMS; a New Theoretical Framework for Understanding and Reconstructing Culture,  Integrative Psychological and Behavioral Science, 51(3) , DOI 10.1007/s12124-017-9388-4

 これは以前にご紹介した、2016年の国際心理学会でのシンポジウムでの発表を論文化したものです。このシンポジウムでコメンテーターを引き受けてくださったValsiner, J.さんからの依頼で、彼がチーフエディターをしているIntegrative Psychological and Behavioral Scienceという学術誌に私たちの共同研究グループで同シンポの特集号を組むことになり、それのために、発表者がそれぞれ論文を作成したもので、ほかの論文も間もなく公刊される予定です。

 

 障がい者と定型発達者の関係は、「力のあるものがないものを援助する」という枠組みで考えられることが多いと思いますが、障がい者の立場から見ると、それでは「自分は<援助していただいている>という弱い立場」だと自分を感じざるを得なくなります。また「援助」する側も「自分は<援助してあげている>」という感覚になってしまうことがよくあります。

 単に「資源を誰が誰に対して供給するのか」といった面で考えると、そのような見方が成り立つ場面があることも間違いのないことですが、それだけを見てしまうと、お互いの関係は「優劣」の面しか見えてこないことになり、「対等な人間同士の共生的な関係」を模索することが不可能になっていきます。

 そのような危険を避けて、「異質な者同士がいかに共生するか」という視点から問題を見直してみるための理論的な基礎作業の一つとしても、上の論文は書かれました。

北京師範大学での講義

 

 2月17日に北京師範大学国際与比較教育学院の主催で、「文化是什么?在哪里? 共同主观性的心理学」(文化とは何か、どこにあるのか。共同主観性の心理学)というタイトルで講義をしてきました。北京師範大学は教育系の大学として中国で最も古い歴史のある国家重点大学で、かつて魯迅も講義をしていたことがありますが、教育学にとどまらず心理学関係でも中国のセンター的な役割を持つ大学です。

 

 私は「異質なもの同士がどうお互いを理解し、共生していくことができるのか」という問題を、様々な角度から研究し続けてきました。現在大きな問題になっている、発達障がい者と定型発達者の共生も同じ課題の一部になります。発達障がいは「定型発達ができない人」という否定的な見方で見て、「どう補い、少しでも定型に近づくにはどうすればよいか」という発想でとらえてはならない、という考え方がようやく広まりつつあります。それは一種の「特性」なのであり、定型発達者と発達障がい者がお互いの特性を生かしあってどうやって共生できるか、が課題となっています。

 そのような共生のためには、「異質なもの同士の相互理解」の仕組みが非常に重要になります。今回テーマとして論じた文化の問題も、まさにその「異質なもの同士の関係」として見ることができる領域で、「文化」という言葉を「障がい」と置き換えれば、その話はそのまま発達障がいの問題に通じることになります。実際異文化間摩擦の発生、異文化不適応の仕組みと、発達障がい者と定型発達者の間に発生する様々な摩擦や不適応の問題は、構造的に非常に共通性が高く、どちらもEMS(拡張された媒介構造)の概念で統一的に説明可能な部分が大きくなっています。

 

 講義に続いて行われた研究会でのディスカッションでも、異文化間対立の構造と、定型発達者と発達障がい者の間に生じやすい対立関係の構造が極めて似ている部分があることも議論されました。文化差の問題も障がいの問題も、「生きるために与えられた基本的な条件」が異なるためにお互いの間にずれが蓄積し、そこに経済力その他の何らかの優劣関係がからんで問題を複雑にし、対立を深刻化させていく仕組みがあると考えられます。

 発達障がい児への支援は、どのようにしてそのような不毛な対立関係を少しでも減らし、お互いに長所を生かしあった生き方を作っていくか、という課題に向けて行われる必要があります。本研究所では、これからもそのような広い視点をもって創造的に支援の在り方を研究していきます。

 

 

 

 

札幌での講演

2月に札幌で、二種類の講演を行うこととなりました。

ひとつは札幌市の教育委員会や障がい福祉課の後援で行われる「人のあいだのことばの働き:ことばの力はどう育つ?」です。私たちが作ってきた「拡張された媒介構造(EMS)」の理論的視点をベースに、世界を共有するコミュニケーションの間主観的・共同主観的な展開として、言葉の発達をできるだけわかりやすく考えてみます。(図をクリックすると拡大表示されます)

もう一つは北大で開かれる「国際スポーツ文化研究会」での講演で、「文化とは何か、どこにあるのか:差の文化心理学の視点から」です。こちらもEMSの理論的枠組みを使いながら、文化が私たちに立ち現れ、時に深刻な文化対立を引き起こす仕組みや、それを対話的に乗り越えるための試みなどについてやや専門的な話をする予定で、幸い心理学だけでなく、社会学の方からのコメントもいただいて議論ができることになっています。(図をクリックすると拡大表示されます)